無料カウンセリング掲示板の質問

「風俗通いがやめられません」に関する質問

  • 受付終了

讃岐うどんさん

現在、社会人1年目の者です。
1年ほど前から、日常生活のストレスや性的欲求を解消するために風俗に行くことがあるのですが、最近行くペースが増えてしまい、月に10万円ほど使ってしまいます。

自分で抑えようと頑張れる日もあるのですが、ネットで風俗店を眺めたり成人向け動画を見ることでどんどん頭の中が暴走してしまい、衝動的に予約の電話を入れてしまいます。

毒親育ちであったこともあり、愛着障害的な一面もあります。そのため、自癒だと満足しない、人と触れ合いたい、という欲求も高まり、こうしたお店に通う行為を増やしてしまいます。

また、愛着障害の特性を持ってる関係で、他人と距離を縮めたり仲良くなったりすることが難しく、特段問題を抱えてるわけでもないのですが、人と距離感を作ってしまい、寂しさや孤独をよく感じてしまいます。(それが
風俗通いに繋がっているかもしれないです。)

今はまだ貯金があるので、何とか生活が成り立っていますが、このままだと生活も破綻しかねないので、何とかしたいです。

何でもいいので、今から始められる対策等ご存じの方がいらっしゃれば、ご教示いただきたいです。
よろしくお願いします。

違反報告

2024年5月25日 18時12分

無料カウンセリング掲示板の回答

隠れ家相談所 EVOREVO

はじめまして

まさに「やめたいのにやめられない」
つまり、理性ではどうにも抑えられないのが心の問題です
とよく欲求や衝動を抑えられないという事ですから、ご心配のとおり将来的に金銭的破綻もあり得ます
その「風俗依存・性依存」の原因を突き止めましょう
すると解決方法は見えてきます

違反報告

2024年6月5日 01時15分


オンラインカウンセリング北九州

オンラインカウンセリング北九州の羽立友美です。

もし、お金があったら風俗に通いますか?
それとも、お金に関係なく風俗を辞めたいのでしょうか。

男性なので性的な欲求が強いことは自然です。
ストレス発散や寂しさを埋めるための方法は人ぞれぞれで何が正しいとは言えません。
とはいえ、人は精神的にも自立していくものです。
自分の心の中のストレス、欲求は自分で解決していけるようになる必要があります。
その自立を邪魔する要因として毒親がある場合もあります。

今、手っ取り早く風俗通いを辞めても、
根本的に自分のストレス発散や欲求の充足の仕方を身に着けていかないと
繰り返す可能性があります。

また、人はそもそも一人です。
寂しさを感じることは当たり前です。
社会人1年目くらいの年齢だととくにそういう気持ちを感じるものです。
ただ、その寂しさを他人でうめようとするのではなく
自分自身で埋めていけるようになる必要があります。
それが成長であり、自立につながります。

オンラインカウンセリング北九州は、若者の自立支援を行っています。

違反報告

2024年6月2日 13時34分


カウンセリングルーム・エンパシー

ご相談内容を拝読しました。
親からもらえなかった愛情を風俗嬢に求めているのですね。

しかし、幼い頃から抱えてきた愛上飢餓の状態を満たしてもらうのは難しいかと思います。自分自身でも自分を愛せるようにしましょう。

自分を愛するとは、自分を認めることです。
この世は、あなたにとって生きにくい場所であるとしても自分を愛し、信じるのです。

あなたは、これまで飢餓感をしのぎたくて風俗に依存した。
愛に飢えていたために、あなたがしたことを許してください。

あなたは、一度でも愛で満たされてみたかっただけなのです。
その試みのほとんどが失敗に終わったとしても・・・

あなたは、空腹を満たすように、ハートを満たそうとした、それだけです。
愛を満たすためにした、悪かったと感じる行ないを、もう責めないでください。

愛に飢えていた自分を、もう恥じないでください。
小さいころに戻って、親の愛を受け取ることはできません。

あなたの肉体は過去には行けません。
過去にしがみついてる心に取り残された肉体は、一体どうしたらいいのでしょう。

親への未練、失った愛を取り戻すことへの未練を断ち切っていきましょう。
満たされた愛を感じるために遅すぎることはありません。

自分への愛で、あなたの中に光を宿してください。
その光は、あなたのハートに愛という火を灯します。

ご縁があればカウンセリングでサポートしたいと思います。

違反報告

2024年5月29日 09時45分


ファミリーカウンセリング高尾

讃岐うどん 様

こんにちは、はじめまして
臨床心理士の米田と申します。

なかなか厳しい状況とは思いますが、改善が不可能でもありません。
ただし、讃岐うどんの危機意識次第だと思います。
改善のためには、数年の期間が必要ですが、その間に、改善への決意を維持できるか否かで、成否が分かれます。多くの方は、途中で油断してしまい、失敗します。

メールや電話による相談だけでもお勧めいたします。
お申し込み・お問い合わせは、以下のリンク先または店舗ホームページから承れます。

違反報告

2024年5月28日 22時28分


S.Light.M

こんにちは、S.Light.Mの瀬川と申します。

ご相談内容を拝見させて頂きました。

まず最初に、風俗に行く事が悪い訳でもございませんし、愛着障害との面では人との「適度な距離感」を保っている方が心地よく安心感に繋がる面もございますが、お金という現実問題からは確かに自制であったり、メリハリを付けるなどが必要になるかもしれませんね。

そして、讃岐うどんさんが依存症という意味では全くございませんが、依存の本質には「満たされていない何か」を埋める(為の行動)というのがございます。

ただ、多くの場合では、この埋める(為の行動)何かを「自分の外側」に求める傾向が顕著に高くなります。

埋めるのはあくまで「自分の内面」であり、故にその埋める何かも「自分の内面にあるもの」という事になります。

『 毒親育ち 』と仰っております幼少期の環境や状況も関係している事と感じますが、「人との距離感」を一義的に決めてしまう必要性も無く、その時々の状況に応じて「変化させても良い」ものでもあります。

勿論、人それぞれに受け止め方は違いますので、ある時は距離が縮まり、ある時は疎遠に思ったりする人もいるかと思います。

愛着障害では「自分への自信の欠如」という面も関係しておりますので、まずは「人との距離感」を自分で自由に決めても良いという面から自信を付けていく事も考えられます。

そして、このような場合では「人を観察する」事も良い練習になりますが、それに最適な場所が図書館になります。

人を観察して何かを思ったり、浮かんで来る事柄に正解も間違いもありませんので、宜しければ一度試してみて下さい。

違反報告

2024年5月28日 19時07分