無料カウンセリング掲示板の質問

「妻を悲しませる事をなぜか繰り返してしまいます」に関する質問

  • 受付終了

レモンさん

全部で4回繰り返しています。
今度こそ、繰り返さないように、お力を頂きたいと存じます。
自分が恐ろしく、そして信用できない状態です。

1つは、軽い気持ちで女性とやり取りをしてしまい、飲み会も行きました。
これはあくまで不動産の相談でしたが、妻には相談せず、やり取りをしてしまいました。

2つは、大学時代の女先輩から久々に連絡がきて、
やり取りを続けてしまいました。
内容は単なる近況で、自分は結婚していることもやり取りの中で伝えていました。
ただ、このやり取りを妻には話しませんでした。

3つは、ネット上で不特定多数の女性と、性的な話をしてしまいました。直接会ったりはしていません。
そういう話が誰かとしたくなってしまったのだと思います。

4つは、メンズエステに行ってしまいました。
風俗ではなく、若い女性に施術してもらえるというので
興味本位で行ってしまいました。これも妻には言わずに行ってしまいました。

弁明の余地がないと思います。
当時の自分はこれらの事の重大さを感じず、軽い気持ちでやってしまいました。
どれも自分の中で、浮気の感覚ではなく、風俗に行くような気もありませんでした。
ただ、少し他の女性との交流をしてみたいという気持ちがあるんだと思います。

その都度妻を悲しませて、
こんな思いはさせたくないと思う気持ちは本当にあるのですが、
ある程度日常が戻ったころ、一度何かで知り興味を持ってしまうと
行動まで移してしまいます。なぜか、その好奇心が勝ってしまいます。

その時、妻の事も考えますが、そんなに重大なことではないと感じてしまうのです。

どうしたらこの最低な癖?のようなものを治せるか、
何らかの心の病ではないか、性欲の問題か、
妻を悲しませたという感情をすぐに忘れてしまうのか、
などご意見頂きたいと思います。

違反報告

2022年1月12日 14時02分

無料カウンセリング掲示板の回答

ことゆめ心理カウンセリング

ことゆめと申します。
今、眼の具合が良くないので、音声にさせて頂きました。
よろしければ、こちらをご視聴ください。

https://youtu.be/Z6mpJ3HvzEY

違反報告

2022年1月25日 07時52分


めんたるくえすと.com

はじめまして、めんたるくえすと.comの渡辺と申します。
医療機関で医療相談、生活相談、介護相談、カウンセリングを行っています。
宜しくお願い致します。
1~4までの事柄を奥様に報告しなければならない婚姻時の契約があるのでしょうか。
年齢が30代前半と言うのが事実であれば
お若いのでこういう事はあるでしょう。
そういうことに罪悪感を抱えての生活は窮屈ではありませんか。
やはり恋愛と結婚は別物で
愛だ恋だなんていつの間にか消え去り
「結婚」=「生活」に代わっていく過程で
男性は特に得体のしれない重圧が
知らず知らずのうちにのしかかってきて
気付けばストレスに支配されて
訳の分からない行動を取り始める
自己防衛かも知れません。
奥様との関係性はどの様になっているのか文章からは読み取れませんが
そもそものお二人の出会いとか
結婚前のレモンさんの行動とか
既婚の男性が外へ性的なものを求める場合
家庭での立場が弱いため、外で理想の自分の願望を果たす傾向があります。
人間は精神的にも肉体的にもバランが大切です。
奥様も完璧ではないので、何か聞いて欲しい事があるかも知れません。
一度話し合いましょう。

めんたるくえすと.com

違反報告

2022年1月17日 12時15分


ココまる

こんにちは。レモンさん。ココまるのカウンセラー円山菜穂子です。

自分のクセを治せなくて、奥様を悲しませてしまうということで悩まれてるのですね。
私は、こういうところで真剣にそのような相談をされるレモンさんは、とても真面目で誠実は方なんだなという印象を受けました。

こういう問題は、「価値観」の問題なのかなと思います。
レモンさんは仮に、奥様がレモンさんと同じようなことをしたら、どのように感じますか?
多少嫌な思いはするかもしれませんが、そこまで許せないという気持ちにはならないかもしれません。
そうだとしたら、レモンさんがこういう行動を繰り返してしまうというのも、全然おかしなことではありません。
奥様にとっては許せないことだけど、レモンさんにとっては、表面的には悪いと思っていても、心の奥底ではそこまで悪いことだとは思っていない、つまり奥様とは単に価値観や感性が違うだけなのです。
これは、レモンさんが悪いといっているわけではありません。価値観に良い悪いはありませんからね。

ちなみに私は女性ですが、もし夫がレモンさんのような行動をしたことを知っても、まあ多少はイラっとくるかもしれませんが(笑)、男だからしょうがないかなと思うだけで、泣いたりはしないし、そこまで気にしないと思います。
女性であっても、少しでも他の女性と話すだけでも許せないと感じる人もいれば、浮気されても寛容な人もいます。
男女問わず、性欲と愛情は別物と考える人もあれば、そうではないと考える人もあります。どちらが正解であるかとはいえません。
そもそも、現在の一夫一妻制自体が必ずしも正しいものだとも言えないのです。価値観は時代や地域によっても変わります。現代でも一夫多妻制の国だってありますよね。
また現代では、関与する全てのパートナーの同意を得て、複数のパートナーとの間で親密な関係を持つという「ポリアモリー」という考え方を採用しているカップルもいます。
パートナーシップに関する考え方は、これからもどんどん多様化していくかもしれません。これが正解というものはないと思います。

だから、まずレモンさんはそんなに自分を責めないでください。レモンさんは自分を必要以上に悪者扱いしているように思います。
たぶん奥様がとても悲しむので、自分がとても悪い人のように感じてしまうのだと思います。
そのようにずっと自分を責め続けると、当然それがストレスになりますので、その反動でついやってはいけないと思っていることを衝動的にやってしまうというのも、十分あり得ると思います。

また奥様も、とても心が敏感で、自分に自信が持てない、自分は愛される価値がないと思い込んでいる、男性を信用できない、などの心の傾向を持っておられるのかもしれません。
そのような傾向が強いと、ちょっとパートナーが他の女性と話しただけでも、「自分は愛されてないのではないか、自分は見捨てられるのではないか」と過剰反応して不安を持ちやすくなる場合があります。

レモンさんが、今後一切、他の女性に関わるような行動をやめれば奥様との問題は起こらなくなりますが、レモンさんは本当にそれで納得できるでしょうか?レモンさんがストレスを抱えるようなことにはならないでしょうか?
どちらかが一方的に我慢するのは、夫婦関係としてあまり好ましくないと思います。
私も他の方々がおっしゃっているように、レモンさんの行為がそれほど許されざるようなものだとは思いません。
ただ、奥様にとってはそれがとてもストレスになっているようなので、その辺はご夫婦で双方が納得するできるような道を模索していくしかありません。

そのためにはまず、レモンさん自身が冷静になってください。
レモンさん自身が深い罪悪感を感じている状態だとフラットなコミュニケーションも難しくなります。
まずは、自分自身を許してあげて解放してあげてください。人間だから性欲もあるし、失敗することもありますからね!

奥様はきっと「自分は愛されてないのではないか」と不安なのだと思いますので、まず奥様の不安を和らげるような工夫が必要かもしれません。
その上で、良い悪いとジャッジするのではなく、自分たち夫婦が、自分たちの価値観に基づき、どうしたらお互いに心地よくいられるのかというところを目指していかれるといいと思います。

違反報告

2022年1月14日 18時44分


comfy room

レモンさん
初めましてcomfy room のhitomiです。

奥様のこと悲しませたくないのにレモンさん自身もお辛いと思います。
それだけ奥様のことを想っているのですね。

>最低な癖?のようなものを治したいですか?
これはいつからなのでしょうか?

奥様が悲しいときのレモンさんの心はどんな気持ちになりますか?
そこからの~
本当はどんな夫婦関係がレモンさんにとって良いですか?

ストレス解消からの行動だったりしませんか?仕事で頑張ったちょっとした自分へのご褒美だったり…
もし違うのであれば
それが良いか、悪いかはわかりませんが
レモンさんの価値観だったり、無邪気な素直さだったり少年のような感じなのかなとも感じました。
好奇心があるってその先がワクワクするのでそれって生きている感じがするのではないのでしょうか

相手によっては浮気だったり逆に全然OKだったり…それぞれですよね。
相手の考えは変えることはできないですから
レモンさんが本当はどうしたいのか?だと思います。

違反報告

2022年1月13日 21時47分


心理カウンセリング らしんばん座

レモンさん、こんにちは。
カウンセリングルーム「らしんばん座」と、申します。

ご相談を拝見いたしました。
レモンさんが、ご相談にお書き下さったことについて、とても真剣に悩んでいらっしゃる事を読み取ることが出来ました。

しかし、このご相談の前提にあたる部分が書いてないので、ちょっとわかりかねる部分もあるのですが。
ちょっと、お伺いをいたしますね。

レモンさんと奥様との間に、「レモンさんは、『絶対に』奥様以外の女性と関わりを持ってはいけない(単なる話をすることも含めて)」という、約束をしているのでしょうか?
または奥様は、レモンさんが、奥様以外の女性と話をしているだけで、深く悲しんでしまうという性格をお持ちなのでしょうか?

そうですね、ご相談の中の、「1」と「2」につきましては、人が社会生活を営んでいく以上、ごく普通に起こりうる状況なのだと思います。
「3」は、既婚男性として、「ちょっと自覚に欠けるかな?」という印象はありますが、常識の範囲内ならば、問題になるほどのものではないと思います。
「4」はちょっと微妙ですが、「メンズエステ」と謳っているからには、取り立てて問題があるような場所だとも思えません。
もしこれが、マッサージや美容院などの施術スタッフが、たまたま女性だったとしたら、どんな感じでしょうか?

古典落語の中に、男性が貞節を守る表現に、「雌猫さえも近づけない」という表現がありますが、それに近い物も感じてしまいます。

性欲や性に対する好奇心のような物は、誰もが持っている感情です。言わば心の病などではなく、「人間の証」でもあります。
だからそれを、全面的に否定してしまうことは、非現実的であり、そもそも不可能なことです。

性に対して関心を持ってしまう自分を、「そういう物」として受け止めて、「それならそれを、どうしていくか」と考えることが、真に理性のある人間なのだと思います。

もちろん奥様を大切に思う事自体は、とても素晴らしいことです。
しかし、それにこだわるあまり、人間としての自分の感情を否定するのは、これはこれで問題のある考え方の癖だと思います。

違反報告

2022年1月13日 19時35分


運命カウンセラー 北川 あけみ

レモンさん
はじめまして!
カウンセラー、宿命鑑定師のきたがわです。

レモンさんのご質問の中の文面で、私が一番気になったのは、「好奇心が勝ってしまいます。」という一文です。

そして、そのことについて、奥様を悲しませたくはないけれど、興味を持つと行動に移してしまう。
これは最低な癖?性欲の問題?と自問自答されていらっしゃいますね。

これまで、この間を行ったり来たりしてレモンさんも大変だったことと思います。

いただいているご質問の文面だけで全てを判断することはできないですが、もしかしたら宿命の観点でも、色恋など異性間にまつわるものもあったりするので、その傾向性が少なからずあるかもしれません。

最後に、この課題にレモンさんが向き合っていく上できっと大切になっていくと思うポイントをお伝えさせていただきます。

その癖をレモンさん自身がどうして治したいかが重要になってくると思います。
それは、”奥様を悲しませないため”ということが今は大きいように思います。
それもレモンさんが心から望んでいることだと思います。

しかし、この課題の本質に向き合っていくには、その先が見えてくると課題を乗り越える力になってくると思います。

もしよろしければ、奥様と今後どんな夫婦関係を築いていっきたいのか。
レモンさんにとって奥様はどんな存在なのか。

こう言った観点でも考えてみていただけたら幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
レモンさんの心の安らぎ、ご家族の幸せを願っています。

違反報告

2022年1月13日 16時03分


S.Light.M

こんにちは、S.Light.Mの瀬川と申します。

ご相談内容を拝見させて頂きました。

そこで、まず、価値観や罪悪感などに関しましては絶対的に決められた明確な基準というものが存在している訳ではありませんが、あくまで私個人としての「一般的」な視点から少し整理してお伝えしてみますので、宜しければご参考になさってみて下さい。

①の軽い気持ちでの女性とのやり取りですが、これは不動産の相談に乗るのが趣旨である事も含め、相手の人にいい格好を見せたい(そのように思われたい)などは、程度の差はあれ、そのような思いを抱く点は少なからず多くの人にもある事と感じます。
例えば、相談相手が仮に男性であったとしても、相談に乗って役立ったのであれば、ビールの1杯でもご馳走してくれるかな!?などの思いも似たようなものかもしれません。

②に関しては学生時代の先輩と後輩などの関係も含め、これまでのレモンさんの人生における大切な縁ですので、これは全く気にする必要性はないかと私個人的には思います。

③に関しては、これはある部分では性的欲求や嗜好とも関係してくる面もありそうですので、奥様においてはいい気持ちはしない(かもしれない)というのは理解出来ますが、直接に会う事もなさらずに、レモンさんにおかれましては、言わば「自制と自省」の両方が出来ておりますので、これに関しては「二度と同じ事を繰り返さない」為の反省材料としていけば宜しいかと感じます。

④のエステに関しては、①と③の中間とでも言いますか、話すというコミュニケーションよりも、触れるというコミュニケーションに気持ちが進んでしまった面もあるのかもしれませんが、その辺りのお気持ち(の機微)はレモンさんには重々お分かりかと思われますので、①から③までの見解と照らし合わせてみて、ご自身の軸や芯などと共に考えてみて下さい。

そこで、次は別の場合分けをしてみますので、これも宜しければ少しお考えになってみて下さい。

A:レモンさんと奥様とお二人の間で、「隠し事」などを一切しないなどの取り決めがあるようでしたら、先の①から④のケースに関して、お二人で改めて「より丁寧な」コミュニケーションを取ってみる事が大切かもしれません。
そうすると、レモンさんと奥様との間で「隠し事」の範疇や概念が少々違っている面が仮にあるとすれば、それにも気づけるようになります。

B:レモンさんが奥様にも「隠し事」は一切して欲しくないので、ご自身にもそれを課しているというケースでしたら、上記Aと同様のお二人でのコミュニケーションを深めると同時に、レモンさんにおかれましては「ご自身とのコミュニケーション」を取る事が大切で必要な面があるように感じます。
これは、この先を見据えての事になります。

C:奥様が「隠し事」は一切して欲しくないとの要望が強い為に、レモンさんが「過度に」自制や自省を試みているというケースであれば、これは奥様がご自身とのコミュニケーションを取る必要性があると同時に、やはりAと同じくお二人でのコミュニケーションを「より丁寧に深める」事が大切になります。

ご相談の文面におきましては、奥様の本当のお気持ちが分からない点もございますので、このような、あくまで私の推察からの場合分けのお話となってしまいましたが、いずれにおきましても「コミュニケーション」がポイントになるかと感じます。

そして、夫婦や親子と言えども、相手の人生の全てを代わりに生きる事が出来ないのと同じように、一切の「隠し事」をなしにする、つまり、お互いに何でもかんでも「打ち明け合う」というのは、時には「共依存」に繋がりやすくもなり、お互いにお互いを支配するような関係性に繋がってしまう怖れもありますので、この点はよくお考えになってみて下さい。

最後に《水清ければ魚棲まず》との言葉もありますが、「調和とバランス」という視点も併せて考えてみて下さい。
そして、「女性」や「男性」である前に、皆「人間」であるという視点も役立つかもしれません。

違反報告

2022年1月13日 13時21分


カウンセリング心理学ROOM

初めまして、心理カウンセラーのヨナガ マサアキと申します。

そうですか・・・・・・・・・・
私は、男なら「どんと」構えていてもいいのではないかと思います。
奥様のことをとても愛してらっしゃるのですね。
無くて七癖、
女性と絡む時には、一旦奥様の写真などを見ては如何でしょうか。



分からないことがありましたら、私のHP(下記参照)
http://sinrigaku.com
の下部には、メンタルヘルスの情報がたくさんありまので、参考にしてみて下さい。
また、メール相談初回無料がありますのでお気軽に相談して下さい。

違反報告

2022年1月13日 11時34分


お礼コメント

早速のご回答、誠にありがとうございます。
→男なら「どんと」構えていても
少し心が軽くなりました。ありがとうございます。深く悩みすぎないようにします。
個人的には、対立したり相手を論破したり強引に引っ張っていくようなやり方よりは、妻の心に寄り添っていくことを考えいければと思います。
待ち受け画面を妻の写真にするなど、恥ずかしいと思ってやった事がありませんでしたが、良い方法だたと思いました。

2022年1月13日 12時15分

Erick’s Counseling Room

レモンさんへ
Erick’s Counseling Room の心理カウンセラーの小野です。
レモンさんは、奥様への裏切り行為として正直に告白されました。非常に誠実な方だと思います。また奥様への愛情も十分お持ちの方だと思います。
レモンさんの行為が不誠実かどうかは主観によるのでなんとも言えません。ただ、レモンさんがその行為によって奥様を傷つけてしまうのではないかと思い、悩まれているからことはよくわかります。
人間の性欲を抑えることは難しいですが、奥様への愛情についてじっくりとお考えになれば、軽率な行為は無くなっていくものだと思います。この場で告白されたこと自体、自分を変えようというお気持ちの現れだと思います。

違反報告

2022年1月13日 09時22分


お礼コメント

早速のご回答、誠にありがとうございます。
妻への愛情はあるのですが、妻が悲しむかな、というラインをいつもはき違えてしまいます。そもそも、全部やらなければ良いだけの話なのですが、無駄に好奇心と行動力を発揮してしまいます。。
性欲も強い方だと自覚はありますし、妻との性交渉もあります。でも、マスターベーションはまた別で純粋な発散として結構な頻度やってしまうのです。その延長で、ラインを超えてしまうのかなと思います。
今まで、自分と妻の中だけで対策を立てていましたが、繰り返してしまうので、今回初めて、恥を承知で第3者へのご相談をさせて頂きました。変わりたいですし、もう妻の泣く姿を見たくないんです。

2022年1月13日 12時07分

カウンセリングルーム・エンパシー

ご相談内容を拝読しました。
誰の心の中にも善と悪が入っています。

善だけの人も悪だけの人もいません。
自分の悪の部分も受け入れることが大事です。

しかし、善と悪のバランスが取れていないと問題です。
あなたのした事は、奥さんが知れば不快な気持ちになるでしょう。

知らなければ、そんなに悪いことでもないと思います。
民事裁判では、4つとも浮気にはならないと思います。

浮気については、広義の解釈と狭義の解釈があります。
女性の立場では、後者になると思います。

そんなに自分を責めないでください。
よかったら、カウンセリングで心の整理をしてください。

違反報告

2022年1月13日 09時01分


お礼コメント

早速のご回答、誠にありがとうございます。
自分への失望感や自制心のなさに心が押し潰されそうなので、救われます。これが悪の部分なんでしょうか。。
アダルトなビデオをこっそり観るのと同じ感覚でやってしまうのが、自分と妻の許容ラインの違いなんだと感じています。興味はあるけど、もちろん浮気や風俗は自分の中でやったら終わりと思っています。でもこのくらいなら良いかな、とやってしまうのが、妻にはアウトなんです。恋人ではなく夫婦として、自分の興味や価値観だけで動かないよう心がけたいです。

2022年1月13日 11時59分

スピリチュアルカウンセラーねずみ後輩ルーム

レモンさん、初めまして!
スピリチュアルカウンセラーねずみ後輩です。


>①どうしたらこの最低な癖?のようなものを治せるか、
②何らかの心の病ではないか、性欲の問題か、
③妻を悲しませたという感情をすぐに忘れてしまうのか、


単刀直入に答えだけ。

①最低なクセでもないです。
②病気でも性癖でもありません。
③悪いことだという認識がレモンさんの中にないからです。


ところで、そういう「浮気じゃない事案」が、なぜ奥様にわかってしまうのかが不思議です。
そういうマスターベーションの延長のような二次元なことなら誰しも興味はあるし、一度や二度やりとりぐらいなら経験した人も多いはず。

浮気まで行かないように理性が働いてる。
普通の男性だとお見受けしますよ。


まずは、悪いことではなくても奥様にわからないようにすること。
(あ、ここで言っておきますが相手が未成年だとか、実際に会うとかは辞めて下さいね)


女性は、例えばAVとかアダルトな本などを見つけただけでも、かなり不愉快になります。
そういものも隠し持つでしょ?
それと同じ扱いにしてください。

そして、仮に奥様が、同じ事をしてたらレモンさんはどう思うかを考えてみてね。

逆だったら許せないというのなら、少しずつ減らして下さい。

違反報告

2022年1月13日 08時29分


お礼コメント

早速のご回答、すごく嬉しいです。
自分のスマホは妻がいつでも中身をわかると思います。自分はそういう履歴を隠したり削除したりするのを基本しない(得意でない)ので、ぱっと見ではわからないですがちょっと検索かければわかるのだと思います。

マスターベーションの延長だと言って頂いて、まさにそういう感覚だったので理解して頂けて心が軽くなりました。
ただ、妻にとってはきっと浮気であり、風俗なんだと思います。なので、自分のラインと妻のラインが思ったより違うことをもっと認識して、今の対策は興味が出た事を、まず妻にやってみて良いか相談し、妻に判断してもらう事にしたいです。この対策どう思いますか?

2022年1月13日 11時50分

追加コメント

レモンさんの場合、根本的に奥様がどのラインで嫌がるのかわかってないので、確認するだけでも、不愉快にさせる可能性が大きいのではないかな。

例えば逆に、奥様から「私、Hな通話をできるサイトに興味があるのだけどやっていい?」って聴かれたら、レモンさんは「ダメ」と伝えて「じゃあやめとくね」って話が終わっても、嫁ってそんなこと考えるんだとショックを受けますよね。

そうなってしまう可能性があるのでオススメできません。

もっと具体的に聴きたい場合はご夫婦の写真が必要なのと、有料になりますが遠隔でのセッションが可能なので御連絡ください

2022年1月13日 19時55分