無料カウンセリング掲示板の質問

「憂鬱な気分が晴れず「生きてしまっている」と感じる」に関する質問

  • 受付終了

smithさん

自己肯定感の低さを自覚しています。
毎日が憂鬱で、自分は「生きてしまっている」という感覚です。
周りからの評価を素直に受け入れず、勝手に苦しんでいます。

この「自分だけが自分を認めていない」という状況を克服したいと考えています。
そうしなければ、今にも衝動的に命を捨ててしまう怖さが常にあります。

コロナ禍でも仕事があります。毎月変わらない収入があります。
会社はとても働きやすく人間関係も良好です。役職も任されています。
貯蓄もあり、衣食住にも困っていません。未婚ですが恋人もいます。
家族関係も悪くありません。客観的に見て自分はとても幸せだと思います。

ですが、仕事面では理想とは程遠い状況。
昨年4月からの完全在宅勤務に適応できず、集中力、記憶力、言語化能力が急激に衰えました。
世間への興味関心も薄れ、ニュースで世の中の動きを見ることが苦痛です。
それらが影響して仕事上の不手際が目に見えて増え、ニューノーマルに適応できない自分は働く価値がない、
これからの世界を生きる価値はないと思うようになりました。

先述のとおり幸せな環境にいることを自覚しながらも、毎日のように死を意識しています。
親を悲しませたくないな、会社を困らせたくないな、この部屋も引き払わないと、最期の場所は…
などと具体的な段取りまで考えています。

これまでは何かあっても「死ぬほどのことじゃない」と繰り返し唱えて何とか踏みとどまってきましたが、
最近はだいぶ踏み外している感覚があり、次はもう無理だと思います。
悩み苦しむくらいなら、今すぐ楽になりたいと思うのです。

認知行動療法も実践してみましたが、
こんなことをしなければ生きていけないのか自分は…と惨めな気持ちになり続きませんでした。

自分では明らかに心の状態がおかしいと思いながらも、
仕事はするし日常生活も送れているので、ただ無気力なだけではないかという気もして、
専門家のご意見を聞けたらと思い投稿しました。
よろしくお願いします。

違反報告

2021年1月17日 17時03分

無料カウンセリング掲示板の回答

心理カウンセリング らしんばん座

smithさん、こんにちは。
カウンセリングルーム「らしんばん座」と、申します。

そうですね。
他の人から見ると「幸せ」の範疇に入っているとしても、それはsmithさんが「幸せ」と感じるという事とは別問題です。
「幸せ」とは、その人だけが感じる物であって、他の人から判断してもらうものではないからです。
smithさんが、その「客観的な幸せ」を「幸せ」だと感じることが出来ないのは、何もおかしいことではありませんよ。

もともと人間は、「生きてしまっている」ものです。
「モノ」は、人間が、或る目的のために作ったものです。だから「モノ」皆全て、何らかの「目的」を持って存在しています。
しかし、人間は違います。人が、今ここに居る理由なんて、誰にもわかりません。
自分で自分の「生きる価値」がわからないのは、「人間として当然」のことです。
確かに、「これが私の生きる道!」を宣言して、その通りに生きている人もいますが、別段そう言う人だけが「生きる価値」を持っているかと言えば、そうではありません。

最近の「ニューノーマル」な生き方に対して、違和感を覚えてしまっているのですね。
今回のコロナ禍では、存在し得る人の選別が、見えない間に行われてしまっていて、その選別が厳しくなってしまっています。
すなわち、「不要不急」なものが選別されてしまって、そういう物を社会から排除しようとする動きが、激しくなってきています。

しかし、人間の生きる力は、むしろそういった「不要不急」に見えるものの中にこそ有ります。
コロナ禍の社会が、何かとてつもなく息苦しい雰囲気に支配されているのは、そういった「人間の生きる力」が禁止されているからです。
smithさんも、そういった世の中の流れに、引っ張られてしまっているのかもしれません。
もともと、「人を、役に立つかどうかだけで見る社会」に馴染まない性格だったところへ、このコロナ禍の社会の雰囲気が、追い打ちをかけてしまっているのだと思います。

認知行動療法も、「何故これをやるのか?」と納得しないと、なかなか上手くは行きません。
その前に、自分の気持ちをわかってもらって、その上でどうするのかを明確にしないと、ただの面倒なルーチンに感じてしまいます。

ここはsmithさんを、徹底的に「わかってもらう」必要があると思います。
認知行動療法に入る前に、傾聴カウンセリングによって、smithさんのお気持ちを、全て受け取ってもらうのが良いと思います。
smithさんは、決して心の状態がおかしくなっているわけではありません。ただ、「疲れてしまっている」のだと思います。

違反報告

2021年1月18日 17時01分


ことゆめ心理カウンセリング

読ませて頂いて、思い当たることがあります。
それを質問してみたくなりました。

長年薄々気付いていることで
見ないようにしていることはありませんでしょうか?

我慢してきたけれど、余りにそれが過ぎて、既に我慢だと思っていないようなこと。

smithさんがこの人生の中で一番望んでいることは何だったのか
心を深く辿っていき見付け出して、それを叶える方向に進んで頂ければと思います。

違反報告

2021年1月18日 13時36分


お礼コメント

ご回答ありがとうございます。

>我慢してきたけれど、余りにそれが過ぎて、既に我慢だと思っていないようなこと。

そうですね、たしかにあるかもしれません。
うまく言葉にはできないですが、
我慢とも思わなくなる日が来ることを、私自身が望んでいたのかもしれません。

私自身が答えを導き出すような質問をくださり、感謝申し上げます。

2021年1月19日 19時33分

心理セラピスト愚禿進のこれからの人生相談

smithさん、こんにちは。
愚禿進(グトクシン)といいます。70歳を過ぎた心理療法家です。
この世のことはこの世で考えるしかない。生きるということには正解なんてないんですよ。と私は思います。
換言すると、正解は一つではないということなんです。あなたの出した一つの考えは、それはそれであなたにとっての
思想です。でもね思想なんて実際に実現なんてしないんですよ。マルクスやレーニンなんて人は思想家ではあったんですけど
それが現実のものとなったことなんてないんです。
だからあなたの考え(思想)は決して現実もものにはなりません。
命ある限り生きるしかないんです。「生きてしまっているんです」はまったくその通りなんですよ。
思い通りになんてなりっこないし、思い通りに生きられるわけでもないんです。
周りからのの評価なんて、まったく意味などありません。生かされているということは誰でも同じです。
生かされている自分を周囲がどう評価しようが、どうでもいいことですし、意味もありません。
それを意識しようが、しないかなんていうのもどちらでもいいんです。
これはあくまでも私の考えですよ。でも考え(思想)は現実のものにはなりません。
だから生かされている間は人生を楽しめばいいんです。楽しむといっても、面白おかしくっていう意味ではないですよ。
人間も経年劣化していきます。病気にもなれば、退化もします。いづれは死を迎え入れる時がくるんです。
それまでは人生を楽しむしかないでしょう。気力、無気力も固定されたものではないんです。
というか思いどうりにはならないものですよ。
正解も理想もないと決めてかかれば、気持ちは楽になるでしょう。

違反報告

2021年1月18日 09時23分


カウンセリングルーム・エンパシー

ご相談内容を拝読しました。
生き辛さや悩みの原因は、「思いこみ」にあります。

「幸せな環境にある?」幸せの定義はありません。
自分に、そう思いこませているだけです。

自分の判断基準になっていないと思います。
他人の判断基準では、自分を生きることはできません。

「気づき」のお手伝いが必要でしたらご連絡ください。
自分への投資も大事です。

違反報告

2021年1月18日 08時55分