無料カウンセリング掲示板の質問

「性行為への嫌悪と交際相手との付き合い方について」に関する質問

  • 受付終了

はしびろさん

はじめまして。はしびろと申します。

この掲示板で相談するような内容かどうか迷ったのですが、
セクシャルマイノリティーを自認しているわけではないので、
LGBTのホットラインに相談するのもどうかと思い書かせていただきます。

私は27歳の女性です。
タイトルの通り、性行為に対して理由なく避けたいという気持ちが常にあります。
自慰はしますし、性欲がないわけではないのですが、「相手とする」という行為が受け入れられないのです。
また、男性に対しては性的な魅力を感じず、女性に対して性的な魅力を感じることがあります(これがセクシャルマイノリティーに当たるのかはわかりません)。

交際相手とは、現在同棲しており別々に寝ていますが、相手が求めてくるので週末の土曜は同じベッドで寝ると約束しています。
しかしそのときに必ず性行為を求められるため、それだけで別れを考えるほど苦痛を感じます。

交際相手のことは好きですし、先日プロポーズを受けたばかりです。
私のこの性癖のために、結婚生活がうまくいかないのでは、と不安です。
相手にこのことを伝えるべきだとは思いますが、
性行為が嫌な理由を説明することができないため、いたずらに相手を落ち込ませるのでは、と思ってしまいます。

週に一度、夜のほんの僅かな時間だけの我慢だと今は言い聞かせて何とか耐えていますが、
どこかで爆発してしまいそうで…
私はどうすればいいでしょう?病院にかかるべきですか?

違反報告

2020年3月12日 12時54分

無料カウンセリング掲示板の回答

Counseling Room Heart To Heart

はしびろさん、はじめまして。
Heart To Heartの楠と申します。
お悩み、拝見しました。

性行為に対して理由なく避けたいという気持ちが常にあり、交際相手の方は好きだけれども、求めに応じることが苦痛に感じられるのですね。
毎週の事と今後の事もあり、どうしたらよいか分からなくて大変お辛いことと存じます。
少しでも、はしびろさんのお悩みが改善できますようにサポートさせていただければと思います。

もう少し、詳しくお話を伺わないと分からないこともあるので、ご状況やお気持ちを推察させていただきながらお話しさせていただきますね。
直接お会いし、お話をうかがわないと分からない・感じ取れないこともあるかもしれませんが、はしびろさんのお気持ち、分かち合える部分もあるなあ、と感じております。
どうぞ、身構えずに聞いてくださいね。

プロポーズをお受けになられたのですね。
しかしながら、結婚生活が上手くいかないのではないかとご不安になられているのですね。
結婚は、慎重に考えるべきことですから、ご不安も大きいことでしょう。

はしびろさんのレスポンスを拝見させていただきましたが、お話し合いをする方向でお考えになられているのですね。
これからお話し合いをするとしたら、ご夫婦になるための共同作業になるかもしれませんし、または恋人としてのけじめをつける、という形になるかもしれません。
しかし、これから先の長い道のりの歩んでいくことを考えますと、お互いのためにお互いを理解するということはとても大事なことです。

はしびろさんは、交際相手の方のどんなところが好きなのでしょうか。
どうして、プロポーズを受けたのでしょうか。
きっと、今までの人にはない、大事な何かがあったからではないでしょうか。

はしびろさんにとって、ご不安の大きな要素が求めに応じることだけだとしたら、まずは相手の事を考えるよりも自分の気持ちにフォーカスしてみることが大事です。
“相手とする”という行為についてより深く見つめなおす必要があります。
いつから(はじめから)なのか、なにかきっかけがあったのか、感覚だけの問題なのか(何か意識が働くのか)、性別が関係するのか、など自分のリソースを確かめてみることが大切です。

そして、ご自身は、お相手を受け入れたいという気持ちに変わりたいのか、変わりたくないのかについてはいかがでしょうか。
お相手を受け入れても、苦痛を感じず普通のこととして、また幸せを感じられるようになりたいですか?それは望みませんか?
もしかしたら、カウンセリングで変えていける要素もあるかもしれないですし、もしかしたら新しい自分の気づきもあるかもしれません。

おひとりでは難しいようでしたら、信頼できるカウンセラーや専門職の方と一緒に整理していくのもよいですよ。
ご自分のお気持ちが整理できたら、交際相手の方と深くお話し合いをしてみるのが良いと思います。
きちんと、性行為が嫌な理由の説明もできると思います。

お話し合いをする前に、伝えたいことを紙に書いておくと焦らずに話せるかと思います。
いたずらに相手を落ち込ませるのでは、とお考えになられていらっしゃるようですが、きちんと説明ができればいたずらに、ということにはならないと思います。
落ち込ませてしまうかもしれませんが、真摯に向き合えばきっと誠意は伝わるのではないでしょうか。

結婚生活では、お互いを助け様々な局面を共に乗り越えていきます。
そこには、信頼や信用、愛情がないと難しい場面もあります。
そして、幸せになるためにも信頼や信用、愛情は欠かせません。

お互いにとって、お互いが良きパートナーになれるかどうか、時間をかけても確かめたほうが良いと思います。
はしびろさんのお幸せのためにも、交際相手の方のお幸せのためにも、お互いが納得できる未来のために是非一度ご自身と深く向き合ってみてください。
はしびろさんのお悩みが、改善されますように心からお祈り申し上げております。

違反報告

2020年3月17日 21時23分


mentalquest

はしびろさん、はじめましてmentalquest(めんたるくえすと)の渡辺と申します。
医療機関で医療相談、生活相談、介護相談、カウンセリングを行っています。
これからのはしびろさんの人生にとって、その「我慢」は重要な事なのでしょうか。
苦痛を感じている時点で今の彼との生活は暗雲が立ち込めている様に思います。
きっと性行為を抜きにすればとても上手く行っているルームメイトなのでしょうね。
プロポーズは世間的には喜ばしいことだけれど
結婚となると、はしびろさんの不安が的中する可能性も予想されます。
それよりも何よりも、はしびろさんの人生が「我慢」と「苦痛」
そして「自分」を押し殺し、喪失していくのではと
とても心配です。
おそらく男性はどんなに理屈の通った理由を並べても
こと性行為が絡んでくると、良からぬ妄想を持ち出し
冷静さを失いかねません。
人生の選択は自由であるべきだと思っています。
時には「LGBT」だけではなく「LGBTQ+」とも言われて
更に繊細になっていますので
ホットラインに相談も有りかと思います。
あらゆる世界はとても広く奥深いものがある。
入り口は誰にでも開かれている。
はしびろさんがどうか道に迷いませんように願っています。

違反報告

2020年3月16日 16時42分


あおぞら

「性行為に対して嫌悪感を持ってしまう」というご相談は、これまでにも多くお受けしておりますが、ほとんどの方が完全解決を達成しております。

貴方様が性行為に対して嫌悪感を持たれてしまっているのは、貴方様の何世代か前のご先祖様が「女性蔑視の環境で生活をしていたり」、「強烈な性的恐怖感を体験された」方よりトラウマ(心傷体験)を遺伝で引き継いでおられると思われます。

このようなトラウマを引き継いでおられる方の場合、ほとんどの方が「不安気質が強い方」が多いようです。

「不安気質」をお持ちの方のその特質は
1、心配性しやすい
2、なんでも不安に考えやすい
3、ネガティブに思い込みやすい
4、一度不安になると色々悩んでしまう
5、疑いが生じると妄想が起きる

貴方様と同じように不安気質の強い方は、原因がわからずに性行為に抵抗を感じたり、キスなど性行為につながりやすいような触れ合いに対しても、恐怖を感じてしまいます。
このようなトラウマは、心理療法で改善できます。

また、不安気質は出ないように、他の気質でかぶせてしまう心理療法もあります。

大切な事は貴方様の現状の「性行為に対して強い嫌悪感があり、『死にたい』と思うほど彼の家に行きたくない」状態が起きている
理由・原因をまず全て掴むという事です。

その原因が明確になったら、診断結果に基ずいた改善、解決する「原因療法」を行っています。

改善、解決の為のカウンセリングと施療の流れをご紹介します。

▼まず性格診断を行います。
人が通常持つ性格は13種類の内のいづれかの性格です。
あなた様がどの性格かを知る必要があります

あなた様の現在、過去で心に引っかかっている、
すべてを思い切りお話していただき
心の中にある荷物を全部おろして、軽くなっていただきます。
生活の中のすべての(事実)を探り出すために貴方の心情を共有し
認知致します

・次に貴方様の気質の把握と分析

 同じ出来事でも「苦しむ人」もいるし、「苦しまない人」もいる。その違いは何なのか。私たちは父母をはじめ先祖から驚くほど多くの気質を引き継いでいます。

顔や声、体格だけではなく心の感じ方をDNA.遺伝子の形、脳の伝達物質の作用の仕方など,63種類の中のどの気質を引き継いでしまっているかを明らかにします。
 
性格はその方が育っていく過程でその方の命を守るのに必要だったものなのです。
その方の性格の全てをまず明らかにします。
さらに貴方様が先祖の方から引き継いだトラウマについても診断にで明確にします。
様々なストレスや人間関係の構築に対する対応力の診断分析も重要です

 それと大切な事は貴方様が人生で何を大切に生きていきたいか、ご自分の心に眠っている自己価値観を明らかにすることも貴方様が、楽しく生きるビジョンが見えやすくなります。

以上の診断の結果、貴方様の性格や気質、価値観、トラウマなどが明確になりましたら、
1、他者依存性などネガティブな性格の原因を取り除く為の性格改善ご指導サポート
2、不安気質の発現を抑える方法のご指導サポート
3、他者や外部からのストレスを受けにくくする対応法ご指導サポート
4、自然な形での他者とのコミニュケーション能力の向上ご指導支援
  サポート
5、貴方が今後「こういう生き方をしたい」「このようになりたい」を
 明確にしてその望みをかなえる為の一歩一歩の登る階段や手順の
 すべてをカウンセラーが作成し数点提案します。
6、今回のお悩みの中心であるトラウマは心理療法で引き継いだトラウマを削除したり内容を変更し解決できます。

その中から貴方様が
 最もやりやすいと思うものを選択していただき貴方様に身につく為の、
 ご指導とサポートを徹底していたします。

さらに上記の診断で明らかになった性格の中でこれからは必要でないものは心理療法で削除します。必要な性格で現在持っておられない性格は追加します。
私どもの相談ルームには全国の皆さまが、直接面談カウンセリング又は電話、スカイプ、ラインでのご相談のかたちで訪れます。

       「悩み、改善、解決完治を目指す」
         人生相談&心理カウンセリング
      「あおぞら」院長 松下愛ノ助 
    お問い合わせ。ご予約の方 080-3397-2297
        ホームページhttp://www.ai-aozora.com/

違反報告

2020年3月15日 11時15分


心理カウンセリング らしんばん座

はしびろさん、こんにちは。
カウンセリングルーム「らしんばん座」と、申します。

そうですね。性的嗜好は、単に男女間に限ったものでは無く、人と人とのつながりの数だけあるのだと思います。
今では、一般的(?)な男女間だけの関係で無く、LGBTという概念が認知され始めています。しかし実はもう、この4種類だけでは無く、「それ以外にもっと沢山有る」という意味で、「LGBTs」と呼ばれています。
つまり、「愛し合う」事は人それぞれで、特に決まった形を当てはめなければならないというわけではなくなってきています。
はしびろさんの愛し方も、そのような「沢山有る愛し方」の一つと捉えても良いと思います。

そうですね、結婚と言うことになると、単にはしびろさんとお相手との関係にとどまらず、お互いの価値観や目指している生活のスタイルや、もっと現実的に経済的なこと、子育てのこと、役割の分担のことなど、お互いに話し合って決めていかなければならないことも多いと思います。
その中の一つとして性的な関係も、お互いに価値観を共有しておく必要があると思います。
その意味では、彼氏とちゃんと話し合うことが、大切だと思います。
自分だけが「我慢」していると、はしびろさんがお感じの通り、どこかで「爆発」してしまいかねません。

その上での、性的行為抜きでの結婚生活が可能か、模索する必要はあると思います。
もし彼氏がそれを望まないならば、結婚生活その物が成り立たないわけですから。
結婚生活が上手く行くも行かないも、お二人の考え方一つだと思います。

はしびろさんは、性行為について、理由なく避けたいという気持ちがあるのですね。
この問題は、実は色々な問題が起因していると思われます。
すなわち性的な嗜好に限らず、他人と肌を触れあうことに対する嫌悪感や、空想ではなく現実の「行為」となった時の恐怖感等々。
更には過去のトラウマや、親御さんから刷り込まれた価値観等々、一概には「これだ!」と決めることは難しいと思います。
ただ言えるのは、必ずしも「はしびろさんの性的嗜好だけが関係しているわけでは無いかもしれない」ということです。

この問題をとことん突き詰めるのならば、傾聴カウンセリングが効果があると思います。
カウンセリングの中で、ご自身について深く洞察することで、はしびろさんの心の中に隠されている性的な行為についての思いを、解きほぐすことが出来るようになると思います。

違反報告

2020年3月12日 19時35分


カウンセリング・催眠療法 総合セラピールーム ヒーリング・スウィート

はしびろさんへ

総合セラピストの栗原と申します。

お悩みお読みいたしました。


>性欲がないわけではないのですが、「相手とする」という行為が受け入れられない
>性行為を求められるため、それだけで別れを考えるほど苦痛を感じます。

のは男性だけですか?

男性とだけの場合は、

>性行為に対して理由なく避けたいという気持ちが常にあります。

理由はトラウマとなり潜在意識=無意識の中に隠れて(隠して)いるのかなと思いました。

理由は催眠療法
https://integrated-therapy.net/hipuno.html

で知ることができます。


>女性に対して性的な魅力を感じる

のが生来の気質であるのか?もわかりますよ。


>私はどうすればいいでしょう?病院にかかるべきですか?

カウンセリングや催眠療法
https://integrated-therapy.net/counseling.html

でご自身の本来の傾向を知り、

トラウマが「「相手とする」という行為が受け入れられない」

を起こしている場合は、

その傷を癒すことで、

徐々に交際相手の方も受け入れられるようになりますよ。


パニック障害、トラウマ克服
人間関係などの各種お悩みを
カウンセリング、ヒーリング
催眠療法(ヒプノセラピー)
瞑想指導で
短期間で改善します。
埼玉県草加市
総合セラピールーム
ヒーリング・スウィート
はこちらからどうぞ。
https://integrated-therapy.net/


お問い合わせはお気軽にどうぞ
https://integrated-therapy.net/mail.html




***

違反報告

2020年3月12日 18時24分


カウンセリング心理学ROOM

はじめまして、心理カウンセラーのヨナガ マサアキと申します。
そうですね・・・・・・・・・・・・・・・
結婚となると、子供のこともありますので、このまま週イチというわけにも行かないと思います。
辛いトラウマがあるのなら別ですが、病院にかかっても、「今の自分を受け入れる」という内容になり、対症療法(安定剤~感情のコントロール)の薬を出すぐらいだと思います。
「原因がわからないげれど、異性との性行為は辛いんです」と彼に言ってみて、一緒に悩んでみるのが理想だと思います。
カミングアウトして去っていく彼だったら、所詮、「結婚は無理だったんだ」と吹っ切ることです。時期が遅くなればなるほど、彼のショックは大きくなります。
性的マイノリティーは11人に1人と言われていますが、それすらもわからない状態ですので、
一人で抱え込むのが一番良くないと思います。
ここで、私から提案できる「アドバイス」としては、傾聴カウンセリングです。
これは、自分の感情を対面式で第三者である専門家に聴いてもらうカウンセリングのことです。
まず、相手ですが、
保健所の精神保健福祉相談(心の健康相談)や精神保健福祉センターの相談員(精神保健福祉士など~一般的に予約制・電話のみもOK~無料)、カウンセリングのボランティア団体(通常、社会福祉協議会に登録されています~電話のみもOK~無料)などがあります。
どうしても相性がいい人が見つからない時には、電話やPCを使ったスカイプでもギリギリセーフですので、有料になりますが、このサイトなどで全国規模で探してみてください。
実際のパターンは以下のようになります。
例えば、保健所には相談員(精神保健福祉士など)さんがいます。
まずは、その相談員さんと連絡をとって、会う日時を決めて面談してみてください。
相談員さんは「聴くことのプロ」ですから、はしびろ さんの話の内容だけではなく、話す姿勢、テンポ、トーンなどを観察して、はしびろ さんが話しやすいように雰囲気を作ってくれます。そこでは、相談員さんが、うなずいたり、もう一度聞き直したり、はしびろ さんの言っていることを繰り返したり、単なる繰り返しではなく、相談員さん自身の言葉で言い直したり、感情や事実の確認をしたりなど話を聴く為の工夫をしてくれます。
その過程の中で、相談員さんは、はしびろ さんと同じような気持ちを自分の中に取り込んだり(共感)して、支持的な態度ではしびろ さんに接して、話をうまく引き出してくれます。
自分自身もわからない無意識のレベルにある感情を意識の上に持ってくることを顕在化と言いますが、「傾聴カウンセリング」の効果としては、はしびろ さんが自分の心の中の秘めた思いを第三者に話す(外在化)ことによって顕在化が促進され、カタルシス効果(心の浄化作用)が生まれ、心がスッキリとすることがあげられます。
これにより、次第にはしびろ さん自身の現在位置(立ち位置)を確認して受け入れる(受容)ことで、次第に自分主導で変わっていく事(自己変容)ができるようになるのです。
対面式が大前提の「傾聴カウンセリング」が「心の煙突掃除」と言われる由縁がここにあります。
また、この傾聴カウンセリングは、はしびろ さんの自己肯定感を築いていく土台でもあるのです。
自分を見つめ直す、受け入れる手段として受けてみてください。

違反報告

2020年3月12日 17時22分


カウンセリングルームConfessio

はしびろさん
初めまして。カウンセリングルームConfessioの白石といいます。

デリケートなお悩みのようですし、どこに相談すればよいかわからなくて、ここに書かれたのですね。

内容ですが、
現在交際している男性がいて、その方を「好き」だと感じている。
文中にはありませんが、プロポーズされたことは、うれしいことだったのかなと想像します。
しかし、はしびろさんの中では「好き=性的魅力」というわけではなく、性行為に関しては苦痛を感じる。
今は自分の気持ちを隠しているが、このままでは新婚生活がうまくいかないのではと不安がある。
ただ、それを彼に伝えると、落ちこませることになるのではと迷いもある。
どうすればいいか? 病院にかかるべきか? 判断に迷っている。

と、いうことだと受け取りました。


わたし個人は、結婚というのは性行為だけではないから、お互いに理解があれば、どうにかなるかもしれないと最初は思いましたが、お相手の考え方もわかりませんし、はしびろさんは「別れを考えるほどの苦痛」「爆発しそう」とおっしゃっているので、かなり辛い状況なのかなと思いました。
文中には「LGBTのホットライン」と「病院」という言葉がありました。
はしびろさんも、今の不安を解消するため、自分でいろいろ考えていらっしゃるのだと思います。
ただ、性的マイノリティを自認しているわけではないから、LGBTのホットラインは違うかな、と思っているということですね。
病院についての判断は、文中にありませんが、病気というふうにも思っていないので、病院に駆け込むことになっていないということかと想像します。

個人的には、一つのアクションですべてを解決しようとせず、いろいろなものをあたりながら、考えを深めていったらいいのではないかと思いました。この掲示板に書き込むということは、最初のステップだったと思いますが、次のステップとして、悩みを口に出して相談し、理解してくれる人をつくるというのもいいのかなと思います。話すことで、自分の考えも深まりますし、誰かにわかってもらえると安心します。もしかして、なにか原因になるような、男性を受け入れられない過去の経験が見つかったりするかもしれません。または、実際、彼に言ってみたらどんな反応をするか? その反応は好ましいものかそうでないか? そうでない反応であったとして、なにかうまいフォローがあるか? などをカウンセラーといっしょに考えることもできるかもしれません。

もちろんわたしでもよいです。でも、男のカウンセラーなので、デリケートな悩みを話すには抵抗があるかもしれないですね。セックスに関する悩みというのは少なくないので、そういったことを専門に聞く女性のカウンセラーもいると聞いています。カウンセラーであれば守秘義務によって話は外に漏れません。全てを話してしまっても、彼との関係は変わりませんので、言わなきゃよかったということにはならないかと思います。

参考にしていただければ幸いです。

違反報告

2020年3月12日 16時19分


お礼コメント

ご回答ありがとうございます。
今まで自分の性癖は秘匿しておくべきものだと思っていたため、周囲に相談したことはありませんでした。
今回こちらに書かせていただいたのが初めてということもあり、文章にしただけでも自分がどう思っているのか整理できたようにも思います。
実を言うと、女性より男性に対しての方が、この手の話題は話しやすいと感じています。女性にするような話ではない、という気持ちと恥ずかしいという気持ちがあるからかもしれません。この感覚が普通なのかどうかわかりませんが・・・
とにかく一度カウンセリングを受けてみたいと思っております。
ありがとうございました。

2020年3月12日 16時38分

こころの相談室 おうみ

病院へ行くようなことではないと思います。病気ではありません。
一番大事なことは、マイノリティーなのかマジョリティーなのかではありません。世の中全体で見る時はそういうことを考えますが、あなた自身のこと、個人のことを考える時は、その観点は不要です。少数派であっても多数派であっても、あなたはあなたなので、あなた自身の気持ちや感覚を大切にしてください。

また、友人でも恋人でも結婚相手でも、深く関わる人とはあなた自身の感覚や気持ちを理解して大切にしてくれる人とこそ、付き合っていくべきです。セックスは特にそうですが、これはセックスに限ったことではありません。

相手の方には、正直にこのことを説明する方が良いです。わかってもらえればよいですが、わかってもらえないこともあるかもしれません。辛い結末になる可能性は否定できません。

しかし、説明せずにどちらかがずっと我慢し続けたり、ずっと虚構の状態を続けていると、今は良くても、いつかどこかで破綻します。その時になって、我慢していたとか、嘘の状態だったということがわかると、お互いにさらにショックが大きいと思います。

性行為が嫌な理由ですが、これはなかなかわからないと思います。相手には、そのままお話になって良いと思います。性欲はあって自慰はするが、人とするということがとても嫌で、これまで努力してきたが変わらなかったということですね。相手が好きだということと、セックスをするということが、あなたにとっては「同じ」ではないということです。

この話をすることで、その相手の方がどれぐらいの「あなた自身の感覚や気持ちを理解して大切にしてくれる人」かどうかが、わかると思います。

違反報告

2020年3月12日 16時06分


お礼コメント

ご回答ありがとうございます。
おっしゃるとおり、セックスは私にとって愛情とは切り離された、「作業」という感覚が強いです。
そこから愛情を感じ取るということは難しく、逆に私から相手に何か施すとしても、「早く終わってほしい」という気持ちでしているに過ぎない状態です。
相手にはありのまま伝えてみようと思います。
ありがとうございました。

2020年3月12日 16時29分

カウンセリングルーム・エンパシー

ご相談内容を拝読しました。
まず、あなたのお気持ちに共感いたします。

セクシャルマイノリティーでもなく、他に性的なトラウマもないとなると、考えられるのが心を開いたコミュニケーションが苦手だからかも知れません。
人に感情を見せるのに抵抗を感じませんか?

人に対して心を開けない人は、人とのコミュニケーションが苦手です。
セックスもコミュニケーションなので、人と感情的なコミュニケーションが苦手な人は、セックスも苦手と感じる傾向があります。

あなたは、感情を抑圧していませんか?
自分の感情を上手に受け入れられないと、相手の感情も受け取れません。

自分の感情を受け入れられれば、彼とのコミュニケーションも円滑に進むと思います。
私の回答が当てはまるとしたら、自分を受け入れるためのカウンセリングを一度体験してみませんか?

対面以外に、メール、電話、スカイプでの対応が可能です。
ご連絡先はmental@r-empathy.comです。

違反報告

2020年3月12日 15時48分


お礼コメント

ご回答ありがとうございます。
心を開いたコミュニケーションとはどういうものでしょうか・・・。
私は周囲から感情が表に出やすく、わかりやすいとよく言われますので、
ご指摘の内容は当てはまらないようにも思います。
私はセックスやキスから愛情を感じ取ることができないので、
セックスがコミュニケーションというのはピンとこないのですが、
そういう指標もあるということを知ることができました。
ありがとうございました。

2020年3月12日 16時13分

新宿ファミリーカウンセリング

はしびろ 様

こんにちは、はじめまして
臨床心理士の米田と申します。
お困りのお気持ちお察しいたします。
セクシャルマイノリティーなのか否かは、情報が不十分だと思いますが、いずれにしても、微妙なご様子なので、病院よりもカウンセリングの方が適切かと思います。カウンセリングにより、セクシャルマイノリティーなのか否かを含めてお気持ちを整理され、また、セクシャルマイノリティーでなければ、カウンセリングにより改善も可能と思います。
よろしければ、電話、メール、LINEでの対応も可能です。
お申し込み・お問い合わせは、店舗リンク先または店舗ホームページから承れます。

違反報告

2020年3月12日 15時21分


お礼コメント

ご回答ありがとうございます。
おっしゃるとおり、セクシャルマイノリティーかどうかについては、私自身判断ができておりません。
20数年、異性愛者だと思って生きてきましたし、相手を性の対象としてみられないだけで性欲はありますのでノンセクシャルというわけでもないと思います。
性自認とは別にして、性行為への嫌悪がカウンセリングで緩和される、ということはあるんでしょうか・・・。
一度ご相談させていただければと思っております。
ありがとうございました。

2020年3月12日 16時24分

千葉 カウンセリング & 瞑想【Ryo】

はじめまして。
Be カウンセラー の Ryo です。

現在の状況や、先々に起こりそうな問題に対して、様々な策を講じることもできますが、ここは根本的な部分に解決のアプローチをするのが良いかと思い、以下のように返答いたします。

あなたは意識的にも、無意識的にも、自分のありのままを受け入れられていない部分がないでしょうか。

つまり
・性行為を避けたいのに、性行為は避けるべきではない、と思っている部分がある
・性欲があるのに、その性欲を性行為に向けられないのがいけない、と思っている部分がある
・男性と付き合っているのに、その男性に性的な魅力を感じないのはいけない、と思っている部分がある
・結婚生活とはこうあるべきなのに、それが叶えられそうにないのは悪い、と思っている部分がある

あなたの恋人よりも、あなたの近くにいる人物がいます。
おわかりになりますでしょうか?

それは「あなた」です。

そのあなたが、あなたを「このままじゃダメなんじゃないか」と責めるので、それが〈状況や環境に現れている〉という視点を、ちょっとだけ、持ってみてください。

解決策として、具体的な方法を1つオススメするなら、それは《自愛》です。

例えば、先に挙げた4つの点にようなことを思ったり考えてしまったりしたら、それを包括するように「――という私も無条件で受け入れる」と、ありのままのあなたを、あなた自身が受け入れてみてください。

「性行為に対して理由なく避けたいという気持ちが常にある」私も無条件で受け入れる。
「性行為に対して理由なく避けたいという気持ちが常にある、と考える私は悪い」と思っている私も無条件で受け入れる。

常に大きく包み込むように、あなた自身が受け入れてみてください。

特に自慰行為の際などは、真の意味で、ありのままの自分を受け入れるようにすると、効果的です。
自分や恋人への「罪悪感」といったことは、無視するか、置いておくか、関連性を断ってください。

男性に対しては性的な魅力を感じないことが悪いわけではありません。
男性に対しては性的な魅力を感じないことを、何処かで「悪い、恋人に申し訳ない」と、あなたがあなたを責めていることが、このような現実を創り出している、といった視点を持ってみてください。

苦痛を感じるのがいけないのではないのです。
苦痛を感じるのは「いけない」と、自己否定するのが、そのような現実を助長しているフシがあるかもしれません。

あるいは、苦痛を感じるのは、あなたから、あなたへのサインかもしれません。
サインを無視し続けると「サインに気づいてもらう為に、もっと強くサインを現さないと」と、苦痛が余計に強くなっていく可能性もあります。

そのサインに耳を傾けることも、先に挙げた《自愛》によって、容易になりますので、是非小さなところからもで試してみてください。

不安を抱えてる←何とかしなくちゃいけない……

ではなく

不安を抱えてる←何とかしなくちゃいけない……と思ってる私のありのままを受け入れよう

とか

不安を抱えてる←何とかしなくちゃいけない……と思ってる私のありのままは受け入れがたい←と、受け入れられない私も受け入れよう

と《自愛》で包み込んでみてください。

大丈夫です。本当のあなたは、何も傷付くことなどありませんよ

違反報告

2020年3月12日 14時51分


お礼コメント

Be カウンセラー Ryo様
ご回答ありがとうございます。
おっしゃるとおり、「このままじゃダメなんじゃないか」と思う気持ちが強く、
ありのまま自分を受け入れる、ということに抵抗がありました。
まずは、自己肯定することが大切なのですね。
交際相手のことを考えると、「今のままでは」とどうしても考えてしまいますが、そこは相手と話し合って考えることなのかもしれません。
少し自分の状況を前向きに捉えることができました。拝読して一番気持ちが軽くなったのでベストアンサーにさせていただきます。
ありがとうございました。

2020年3月12日 16時17分

NEW 心理カウンセリング

折角 結婚を前にしたのにその様な状態だと 直ぐに離婚になりかねません。

それで、その様な心境になった切っ掛けは認識していますか。それとも最初からでしょうか。

何れにせよ、それは「顕在意識」の問題ではなく「潜在意識」による事だと思います。
だとしたら、カウンセリングで健在いい気を替えようとしても無理でしょう。

要は「潜在意識」を替えるには催眠療法しか有りません。
私はカウンセリングだけではなく、催眠療法を30年以上行っていますので、それをご希望されれば応じますのでご相談ください。

違反報告

2020年3月12日 14時40分


お礼コメント

ご回答ありがとうございます。
催眠療法、というのがピンとこなかったのですが、選択肢をご提供いただけたと思っております。
ありがとうございました。

2020年3月12日 16時19分